NALU 2017年7月号 No.105 NALU編集部

NALU 2017年7月号 No.105

ジャンル
雑誌
配信日
2021年06月09日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NALU 2017年7月号 No.105のあらすじ

90年代から始まった熱狂的なロングボードブームは過ぎ去り、熱さも一段落した現代。 新しい可能性を求めて、世界中のアイコンとされるロングボーダーたちは、オルタナティブなサーフィンに可能性を見出し、そこからフィッシュやミッドレングスといったムーブメントを創造した。 この一連の動向によって、ロングボードとショートボードの垣根が取り払われ、サーフィンの可能性と選択肢が広がったことは言うまでもないが、ここにきて、日本でも新しいロングボードの魅力を再確認するムーブメントが注目されるようになってきている。 ロングボード&オルタナティブのナチュラルかつスタイリッシュなサーフコミュニティが形成され、そこから日々発信される動向が、にわかに、新しいロングボードブームの火種を大きくしつつある。 そこで今回は、日本のサーフシーンを牽引する湘南と千葉で盛り上がりつつあるロングボード第2ブームの兆しを徹底取材。更に緊急来日を果たしたアレックス・ノストに密着した、アレックスから見た日本のロングボード・シーンを紹介する。 またロングボードリバイバルについて、ロングボードシーンに多大な影響を与えたジョエル・チューダーにインタビューを敢行。彼から見た日本のロングボードシーンはどう写ったのか、過去、現在そして未来について、ロングボードの価値基準を作った彼の本音をお届け。 人気連載「木村拓哉、海辺の時間。」は、旧くから親交を深めてきた写真家・横山泰介氏を訪ねます。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。

1,120円 11ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

NALU 2017年7月号 No.105のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP