脳がシャキッと目覚める! ちがう絵探しPart2 企画編集部

脳がシャキッと目覚める! ちがう絵探しPart2

著者
企画編集部
出版社
マキノ出版
ジャンル
医学 趣味・実用 趣味・実用 その他 暮らし・生活 健康
配信日
2021年06月08日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脳がシャキッと目覚める! ちがう絵探しPart2のあらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 たくさんあるイラストのなかから、 1つだけちがう絵を探す「ちがう絵探し」。 2021年3月に第一弾を発売したところ、 読者の皆さまから 大好評の声をいただきました。 認知症患者を長年診察している 京浜病院院長の熊谷賴義先生は、 コロナ禍による自粛生活が 3つの能力の低下を引き起こすと 懸念しています。 その3つの能力の低下とは 1:下半身の「筋力の低下」 2:筋力が低下して起こる転倒や それに伴うケガをおそれる 「動意欲の低下」 3:家にこもり、五感をあまり 活用しないことから起こる 「知覚神経の低下」 そして、1~3によって 最終的に引き起こされるのが、 「脳機能の低下」です。 「ちがう絵探し」で脳が刺激を受けると、 認知機能の衰えを防ぐのはもちろん、 観察力や集中力、根気、忍耐力が高まっていきます。 問題は全部で50問!  若い人から高齢のかたまで、楽しめるはずです。 脳のリフレッシュに、 ぜひチャレンジしてみてください!

693円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

脳がシャキッと目覚める! ちがう絵探しPart2のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP