文蔵 2021.6 「文蔵」編集部(編)

文蔵 2021.6

ジャンル
文芸 小説 文芸 その他
配信日
2021年06月04日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文蔵 2021.6のあらすじ

【特集】最新作『プリンス』発刊記念 真山仁――作品の魅力と軌跡―― ●インタビュー真山仁 次代を担う若者たちに政治への情熱を持ってほしい 【ブックガイド】『ハゲタカ』から『コラプティオ』、そして『プリンス』へ 日本社会の弱点が、エンタメ性を通して見えてくる作品たち・・・・・・末國善己 ●映像化もされた大人気シリーズ「ハゲタカ」 ●現代社会に警鐘を鳴らす社会派作品 ●政治、医療、外交を題材にしたサスペンス ●東日本大震災を扱った「震災三部作」 ●選挙を描き、民主主義の本質に迫る 【連作短編】●東川篤哉 タテガミはおウマの命(前編) 元競走馬のタテガミが何者かに切断された! 犯人と意外な目的とは? 【連載小説】●あさのあつこ おいち不思議がたり(夢路篇)2 祝言の途中で席を外したおいちに対し、伯母のおうたは怒りを爆発させる。 ●諸田玲子 麻阿と豪3 秀吉の愛妾・茶々が懐妊。一方、麻阿が暮らす聚楽第では悍ましい事件が。 ●下村敦史 ガウディの遺言3 父にかけられた殺人容疑を晴らすため、志穂は父のアリバイを調べるが・・・・・・。 ●村山早紀 子狐の手紙(前編) 桜風堂夢ものがたり6 久しぶりの休みに桜風堂をめざす渚砂だったが、慣れない山道に苦労する。 ●中山七里 越境刑事7 連れ去られたレイハンを取り戻すべく、冴子は郡山と中国に飛んだが・・・・・・。 ●朝井まかて 朝星夜星17 ゆきと丈吉は長崎に里帰り。祭りを愉しみつつ店の開店準備に奔走する。 ●宮部みゆき おでこの中身 その一 きたきた捕物帖30 北一は、村田屋治兵衛の妻が拐かされた事件を調べ直そうと決意する。 ●山本一力 緋色の壺 その十五 献残屋佐吉御用帖43 再開された賭場で見に回っていた佐吉は、壺振り・あやめとの勝負に出る。 【話題の著者に聞く】●一穂ミチ『スモールワールズ』 人の数だけ世界がある その「途方もなさ」を書きたかった

709円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

文蔵 2021.6のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP