命の時間 たった一人で「親を介護する」ということ(KKロングセラーズ) 松野正寿(著)

命の時間 たった一人で「親を介護する」ということ(KKロングセラーズ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

命の時間 たった一人で「親を介護する」ということ(KKロングセラーズ)のあらすじ

ある日突然・・・・・・同時期に両親が末期がん宣告。一人息子で36歳、独身。ご飯すら作れず、介護の知識も経験もなく、覚悟もなかった男が、なぜ本気で在宅介護と向き合う決断をしたのか? なぜ母が入院ではなく在宅介護を自ら選んだのか? 親が命をかけて教えてくれたのは最後まで薄れることのない「愛」でした。「病院に入院する事だけは絶対に嫌」の一言からたった1人で24時間体制の在宅介護が突然はじまる事に・・・・・・。いつかは必ず誰にでも訪れる親の介護。後悔しない為に僕がやり抜いたこと。

1,200円 12ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

命の時間 たった一人で「親を介護する」ということ(KKロングセラーズ)のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

命の時間 たった一人で「親を介護する」ということ(KKロングセラーズ)を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP