終結 日本文明試論 来るべき世界基準の地平を拓く思想 大島雄太

終結 日本文明試論 来るべき世界基準の地平を拓く思想

著者
大島雄太
出版社
幻冬舎*
ジャンル
文芸 文芸 その他
配信日
2021年04月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

終結 日本文明試論 来るべき世界基準の地平を拓く思想のあらすじ

日本の進むべき方向を示す画期的評論 「哲学の復権」「経済の刷新」「芸術の革新」を通して、西欧文明の限界を突破する 西欧の“形式知"による文明は行き詰まり、 “形式知"に基づく民主主義に対して “実践知"“暗黙知"のポピュリズムが台頭している。 世界は分断の様相を呈しているのだ。 いまこそ、本来の日本文明である“実践知"“暗黙知"の文明の復権が求められている。 「日本文明試論」「続・日本文明試論」「深耕・日本文明試論」と 3作にわたり絵画、建築、文学、経済と日本文明の基礎をなす各分野に切り込み、 独自の視点と解釈で縦横無尽に論じてきた著者が、ついに第4弾を上梓。 日本の進むべき方向を示す画期的評論。

1,408円 14ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

終結 日本文明試論 来るべき世界基準の地平を拓く思想のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP