ヒマラヤ聖者の秘宝 ――宇宙と地球を繋ぐ者たち―― 水華

ヒマラヤ聖者の秘宝 ――宇宙と地球を繋ぐ者たち――

著者
水華
出版社
幻冬舎*
ジャンル
文芸 小説 ノンフィクション
配信日
2021年04月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒマラヤ聖者の秘宝 ――宇宙と地球を繋ぐ者たち――のあらすじ

親友の死をきっかけにインドに旅立った主人公・弥生が体験する、数々の不思議な出来事とは――。 名門大学で哲学を学ぶ弥生は、「天才哲学者」と言われた親友・陽子の死の真相を探るために単身インドへ渡った。 修行僧のサドゥーと謎の少女・ヨーギニーとともに旅に出た弥生は、ヒマラヤ山麓の奥深くに位置するフンフン村へたどり着く。 そこには宗教・誕生・死・時間・お金・男女などの概念はなく、村人の平均寿命はなんと270歳。 クンダリーニ開花、ヒマラヤ聖者たちの千年会議、妖魔の襲来…… フンフン村での数々の経験を通して、弥生は「本来の自分」を思い出すのだった――。 宇宙点描画家・水華が描く、渾身のSFファンタジー作品。 〈著者紹介〉 水華(すいか) 画家。作家。ディジュリドゥ奏者。 主にアウトドア(ダイビング・スキー)に従事。 詐欺、倒産により悶絶の最中、突然の神秘体験をきっかけに精神世界に目覚める。 縁あって描いた「宇宙点描画」が話題となり各地で個展開催。 ライトワーカーとして活動中! 過去出版(エッセー)『君を見放したりはしない』『すべてをまるっと認める宇宙の愛』

1,100円 11ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

ヒマラヤ聖者の秘宝 ――宇宙と地球を繋ぐ者たち――のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP