食べられなくなったら、人間、おしまいか!? 超高齢化社会の終末期医療とスピリチュアルケア 庭野元孝

食べられなくなったら、人間、おしまいか!? 超高齢化社会の終末期医療とスピリチュアルケア

著者
庭野元孝
出版社
幻冬舎*
ジャンル
文芸 エッセイ・随筆
配信日
2021年04月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食べられなくなったら、人間、おしまいか!? 超高齢化社会の終末期医療とスピリチュアルケアのあらすじ

大事なのは、「自分らしく」生きること 人生100年時代、いつかやってくる“老い"にどう備えるか。 専門医が説く、これからの時代の楽しい生き方。 『スピリチュアルケアの神髄を探ることは、人間理解を成熟させることだ。 著者の臨床と研究の両面の取り組みは、凄い!』 ノンフィクション作家 柳田邦男 『臨床医ならでは語れる人生終焉の選択肢、 社会的・精神的サポートまで知っておくべき示唆に富む一冊』 京都大学教授 カール・ベッカー 人生100年時代、老いて死ぬということを現場医師の目線から問う。

1,320円 13ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

食べられなくなったら、人間、おしまいか!? 超高齢化社会の終末期医療とスピリチュアルケアのユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP