シグマフォース シリーズ(14) タルタロスの目覚め 下 著:ジェームズ・ロリンズ/翻訳:桑田健

シグマフォース シリーズ(14) タルタロスの目覚め 下

ジャンル
文芸 小説
配信日
2021年04月22日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シグマフォース シリーズ(14) タルタロスの目覚め 下のあらすじ

内容紹介 私が地獄の門を開き、 悪魔の炎を盗み、 世界を火で清める…… 技術革新の炎は人類を進化させてきた。 今、その炎が我々を焼き尽くそうとしている―― 古代の叙事詩に記されたオデュッセウスの旅路を、 最新の科学理論に基づいて解き明かす! ■科学的事実から──人類の技術革新の行き着く先とは? イスラム黄金時代として知られる八世紀から十三世紀にかけて、アラブの科学者たちは設計と技術革新の才能をいかんなく発揮した。その中で最も顕著な存在の一人が、イスマイル・アル=ジャザリーで、水時計から「オートマタ」と呼ばれる高度な機械人形に至るまで、あらゆる種類の道具を発明した。発明品の仕組みや技法は革新的だった。彼の最大の功績は著書『巧妙な機械装置に関する知識の書』で、そこには百以上の発明品の図解が含まれている。革新的な発明家でもあったレオナルド・ダ・ヴィンチは、自身が生まれる二世紀以上前にこの世を去ったアル=ジャザリーの作品から影響を受けていたばかりか、それらを「借用」していたとも考えられている。レオナルドはそうすることで、黄金時代が色あせた後にイスラム世界が放棄した技術革新の松明を燃やし続けた。それこそが技術革新の道のりだ。ある人の手から次の人の手に、ある国から次の国に、ある世紀から次の世紀に受け継がれていく。「必要は発明の母」という格言がある。もし、それが正しいとしたら、ある疑問が浮かぶ。「ほかの何よりも発明と技術革新に火をつけたものは何か?」その答えは一言で表せる。戦争だ。 アポカリプティ―― それはあらゆる必要な手段を講じて、 この世の終わり(アポカリプス)を もたらすことに執着する狂信者連合……。 世界が間もなく終わりを迎えると信じているのに、 それを阻止するための行動を起こさないのであれば、 その人たちは彼らの仲間なのだ。

880円 8ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

シグマフォース シリーズ(14) タルタロスの目覚め 下のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP