認知症になった蛭子さん~介護する家族の心が「楽」になる本~ 蛭子能収

認知症になった蛭子さん~介護する家族の心が「楽」になる本~

著者
蛭子能収
出版社
光文社
ジャンル
文芸 エッセイ・随筆
配信日
2021年04月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

認知症になった蛭子さん~介護する家族の心が「楽」になる本~のあらすじ

2020年、認知症であることを公表した漫画家・タレントの蛭子能収さんが、家族やマネージャーの助けを借りつつ完成した、世にも珍しい“認知症エッセイ”。また、妻・悠加さんが過酷な現状を初告白し、認知症介護の先輩たちに「介護相談」も。さらに、公表後も続ける人気コラム「蛭子能収のゆるゆる人生相談」傑作選も収録。「自分ファースト」で生きてきた蛭子さんの考え方が、意外にも介護する家族の心を楽にするヒントになる!

1,100円 11ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

認知症になった蛭子さん~介護する家族の心が「楽」になる本~のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

認知症になった蛭子さん~介護する家族の心が「楽」になる本~を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP