次郎物語 四 下村湖人

次郎物語 四

著者
下村湖人
出版社
岩波書店
ジャンル
文芸 小説 歴史・時代
配信日
2021年04月22日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次郎物語 四のあらすじ

時代はしだいに軍国主義の影が濃くなり,自由を重んずる朝倉先生は五・一五事件を批判したために辞職を勧告される.次郎たち五年生は朝倉先生の留任運動を計画し嘆願の血書を認めるのだが,この退職事件に関する態度が激越だったとして,次郎も退学を余儀なくされる.配属将校や思想警察が幅を利かせる思想統制の時代.(全五冊)

935円 9ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

次郎物語 四のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP