どんなことが起こってもこれだけは本当だ,ということ. 加藤典洋

どんなことが起こってもこれだけは本当だ,ということ.

著者
加藤典洋
出版社
岩波書店
ジャンル
人文・社会科学 日本史 人文・社会科学 その他
配信日
2021年04月22日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんなことが起こってもこれだけは本当だ,ということ.のあらすじ

犬も歩けば,棒にあたる――一度何もかもを手放し,徒手空拳の犬になる.すると,何かにぶつかる.コツンと乾いた音がして周囲が一瞬明るくなり,そこから次の展開が生まれてくる.それが「開かれたかたちで,考える」ということの指標だ.幕末から戦後,そして現在を貫いて,紋切り型の「正しさ」を内側から覆す,新しい思考の流儀.

638円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

どんなことが起こってもこれだけは本当だ,ということ.のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP