虎狼の企み 藤水名子

虎狼の企み

著者
藤水名子
出版社
二見書房
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2021年05月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

虎狼の企みのあらすじ

奉行所を侮る訴えに、怒り心頭の久通だが、瓢箪から駒の事件に! 互いが互いを訴える二人に不審を抱くが、目的は? 市中では「騙り」が横行し、一網打尽を目指す久通は、相手の裏をかく一計を! 太物問屋の主同士が互いに、相手の息子が娘が、我が子を拐かしたと訴えてきた。実際は駆け落ちであり、奉行所を愚弄する訴えに怒り心頭の奉行・柳生久通だったが、訴えた二人の様子に不審を抱く。一方、市中では「騙り」が横行し身投げをはかる者さえいた。久通はひょんなことから騙り一味につながる者と出会い、一網打尽を目指し一計を案じるが…。瓢箪から駒の結末へ…。 実在の北町奉行、人気シリーズ第4弾!

770円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

虎狼の企みのユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP