完本 密命 巻之二十四 切羽 潰し合い中山道 佐伯泰英

完本 密命 巻之二十四 切羽 潰し合い中山道

著者
佐伯泰英
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2021年04月06日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

完本 密命 巻之二十四 切羽 潰し合い中山道のあらすじ

5年の武者修行を経て、飛鳥山の菊屋敷に清之助が帰ってきた。淡々と稽古に励む姿には隙がない。 剣術大試合開催まで10日余り。しかし神保桂次郎には大会への出場権がない。出場権を奪うべく、惣三郎と桂次郎は、尾張柳生の剣術家ふたりを倒し、江戸の尾張徳川家をたずねる。急遽もうけられた闘いの場で、桂次郎は厳しい修行を耐え抜いた証を見せつける。 *この電子書籍は祥伝社文庫から刊行された「完本 密命」を底本としています。

730円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

完本 密命 巻之二十四 切羽 潰し合い中山道のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP