完本 密命 巻之二 弦月三十二人斬り 佐伯泰英

完本 密命 巻之二 弦月三十二人斬り

著者
佐伯泰英
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2021年04月06日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

完本 密命 巻之二 弦月三十二人斬りのあらすじ

切支丹本騒動から七年後。金杉惣三郎は相良藩の江戸留守居役に出世するものの、一緒に暮らすようになった子どもたちと向き合う時間がない。連れ添うつもりだったしのは、一言の相談もなく惣三郎の元から去ってしまっている。 そんなある日、月見の宴を楽しんでいた藩主正室の麻紀が謎の黒装束の一団に襲われ、かばった乳母が殺されてしまう。どうも八代将軍吉宗の出生の秘密をこの乳母が知っていたらしい。 期せずして紀州と尾張の暗闘に巻き込まれた相良藩。藩を守るため、惣三郎がふたたび立ち上がる! *この電子書籍は祥伝社文庫から刊行された「完本 密命」を底本としています。

799円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

完本 密命 巻之二 弦月三十二人斬りのユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP