影ぞ恋しき 下 葉室麟

影ぞ恋しき 下

著者
葉室麟
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2021年04月06日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

影ぞ恋しき 下のあらすじ

『いのちなりけり』『花や散るらん』に続く三部作、遂に完結。 香也の婚約者となった清四郎は、吉良の仇を討つべく江戸に向かうが、 将軍綱吉・柳沢吉保と次期将軍家宣との権力闘争に巻き込まれてしまう。 清四郎の危機を救うため、蔵人も江戸に向かう。 夫婦、親子、友との清冽な絆を描いた葉室麟最後の長編小説にして、 蔵人と咲弥夫婦の三部作が十年の歳月をかけ遂に完結。 解説・島内景二 ※この電子書籍は2018年9月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

779円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

影ぞ恋しき 下のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP