異界心理士の正気度と意見1―いかにして邪神を遠ざけ敬うべきか― 水城正太郎/黒井ススム

異界心理士の正気度と意見1―いかにして邪神を遠ざけ敬うべきか―

ジャンル
ライトノベル
配信日
2021年04月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異界心理士の正気度と意見1―いかにして邪神を遠ざけ敬うべきか―のあらすじ

2013年、江ノ島に邪神が上陸した。鎌倉周辺は狂気に沈み、“異界”と呼ばれる特異地域と化している。誰もが狂気に陥るなか、専門の心理士だけが正気を保とうとする人々の救いだった。女性心理士・間宮純(まみやじゅん)は危険な仕事をしている自覚がありながらも、怪異に魅せられつつある自分を否定出来ないでいた。純はとある事件をきっかけに無免許にして最高の心理士、島野偃月(しまのえんげつ)と出会う。異界に住み、怪異と対峙し続ける男に純が惹かれていくのは必然であった。邪神と狂気に陥る人々が織りなす本格怪異譚。

715円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

異界心理士の正気度と意見1―いかにして邪神を遠ざけ敬うべきか―のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP