大制覇 重空母武蔵世界の海を征く(3) 菅谷充

大制覇 重空母武蔵世界の海を征く(3)

著者
菅谷充
出版社
アドレナライズ
ジャンル
文芸 文芸 その他
配信日
2021年04月02日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大制覇 重空母武蔵世界の海を征く(3)のあらすじ

昭和十八年春、ドイツ軍はV‐2号ロケットを完成させ、英国南部を連日恐怖に晒した。また連合軍によるドイツ本土爆撃も続き、双方ともに著しい航空機の消耗戦の様相を呈し始めていた。ここにドイツはジェット戦闘機を投入、さらにソ連艦隊と組んだ空母の出撃体制も整い、戦況は一気にドイツ軍に傾き始めた。一方、満州ではソ連軍の大攻勢に日本軍は壊滅の危機に陥っていた。満身創痍の連合機動艦隊だったが、日本から待ちに待った新型戦闘機“紫電改”が届き、反撃の準備が整った! ●菅谷 充(すがや・みつる) 1950年静岡県富士市生まれ。1971年『仮面ライダー』(原作・石ノ森章太郎)でマンガ家デビュー。代表作に第28回小学館漫画賞受賞作となった『ゲームセンターあらし』『こんにちはマイコン』など。1985年からパソコン通信を始め、87年よりNIFTY-Serveでモータースポーツ情報を発信するオートレーシング・フォーラムを主宰し、2004年には第1回モータースポーツ大賞を受賞。1996~2008年まで、米国のインディカーシリーズとインディ500のテレビ解説も担当した。1994年、菅谷充名義で小説の執筆活動を開始し、『漆黒の独立航空隊』(有楽出版社)で小説家デビュー。以後、モータースポーツ小説、架空戦記小説を中心に60作以上を発表。2011年、60歳で早稲田大学大学院人間科学研究科修士課程を修了し、2013年より京都精華大学マンガ学部教授。

495円 4ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

大制覇 重空母武蔵世界の海を征く(3)のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

大制覇 重空母武蔵世界の海を征く(3)の最新書籍ニュース

2015年07月04日 更新

PAGE
TOP