野の春―流転の海 第九部―(新潮文庫) 宮本輝

野の春―流転の海 第九部―(新潮文庫)

著者
宮本輝
出版社
新潮社
ジャンル
文芸 小説
配信日
2021年03月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野の春―流転の海 第九部―(新潮文庫)のあらすじ

昭和41年春、大学生になった伸仁は部活動にアルバイトに青春を謳歌し、房江は兎我野町のホテルで賄い婦の仕事を得て働いている。別居の熊吾は進行する糖尿病に苦しみながらも、木俣の高級菓子の夢、中古車センターの運営、森井博美の活計等、大小様々な難事の解決に奔走していたのだが……。37年の時を経て紡がれた奇跡の大河小説圧倒的な感動のフィナーレ。(解説・堀本裕樹)

935円 9ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応 × 非対応

野の春―流転の海 第九部―(新潮文庫)のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

野の春―流転の海 第九部―(新潮文庫)を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP