手話の学校と難聴のディレクター ――ETV特集「静かで、にぎやかな世界」制作日誌 長嶋愛

手話の学校と難聴のディレクター ――ETV特集「静かで、にぎやかな世界」制作日誌

著者
長嶋愛
出版社
筑摩書房
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手話の学校と難聴のディレクター ――ETV特集「静かで、にぎやかな世界」制作日誌のあらすじ

東京都港区には、日本でただ一つの、「日本手話」を第一言語とした教育を行うろう学校がある。その名は「明晴学園」。2017年の春、この学校の子どもたちを主人公にしたドキュメンタリーを撮影するために、一人のTVディレクターがこの学校を訪れた。実は彼女も難聴者だ。聞こえる人と共に仕事をするなかで、様々な葛藤を抱えていた。「「共に生きる」はきれいごと?」「私は社会のお荷物?」。難聴のディレクターが手話で学ぶ子どもたちの姿を通して日本社会の現実と未来を見つめた、一年間の記録。

770円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

手話の学校と難聴のディレクター ――ETV特集「静かで、にぎやかな世界」制作日誌のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP