尾張ノ夏 居眠り磐音(三十四)決定版 佐伯泰英

尾張ノ夏 居眠り磐音(三十四)決定版

著者
佐伯泰英
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2021年04月06日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

尾張ノ夏 居眠り磐音(三十四)決定版のあらすじ

尾張徳川家は敵か、味方か――。 江戸を離れ、田沼一派の影に追われる磐音とおこん、弥助、霧子の一行は、尾張名古屋に身を寄せた。 「清水平四郎」「いね」と名を偽り、束の間の安息を得たある日、通りがかった呉服問屋「尾州茶屋」で難癖をつけていた巨漢の武士を追い払ったのが縁となり、大番頭・三郎清定の信を得る。 稽古のためと紹介された藩道場で、師範格の一人を床に転がしてしまう。身のこなしといい、剣の腕前といい、磐音は正体を疑われることになって……。 身重のおこんを抱えた磐音に、探索の手が迫る!

799円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

尾張ノ夏 居眠り磐音(三十四)決定版のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP