紅椿ノ谷 居眠り磐音(十七)決定版 佐伯泰英

紅椿ノ谷 居眠り磐音(十七)決定版

著者
佐伯泰英
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2021年04月06日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紅椿ノ谷 居眠り磐音(十七)決定版のあらすじ

おこんに異変が……。 磐音、どうする!? 江戸・深川の六間堀で浪人暮らしの坂崎磐音は八月十五日の早朝、六間湯の一番客となった。 江戸を代表する両替商・今津屋吉右衛門とお佐紀の祝言の日を迎え、花嫁行列の先導という大役を果たすためだ。 和やかな祝言から暫くが経ち、磐音は奥向き女中のおこんの様子がどこかおかしいことに気付く。 友人医師らに相談した磐音は、ある決意を固め……。 ふたりの関係が大きく変化するシリーズ第17弾!

799円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

紅椿ノ谷 居眠り磐音(十七)決定版のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP