残花ノ庭 居眠り磐音(十三)決定版 佐伯泰英

残花ノ庭 居眠り磐音(十三)決定版

著者
佐伯泰英
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2021年04月06日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

残花ノ庭 居眠り磐音(十三)決定版のあらすじ

江戸・深川の長屋で浪人暮らしの坂崎磐音は、日光社参の勘定を担うことになった両替商・今津屋からある提案を持ちかけられる。 一方、麻疹が流行して将軍家にも重篤な患者が出るが、長崎から上府した阿蘭陀商館付の医師は、反対派による妨害のために城中での診察がかなわない。 さらには、医師の暗殺計画までもが浮上して……。 巻末には、著者特別インタビューを収録!

799円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

残花ノ庭 居眠り磐音(十三)決定版のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP