唐渡り花~闇御庭番(四)~ 早見 俊

唐渡り花~闇御庭番(四)~

著者
早見 俊
出版社
光文社
ジャンル
文芸 小説 歴史・時代
配信日
2021年03月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

唐渡り花~闇御庭番(四)~のあらすじ

将軍直属の闇御庭番・菅沼外記は、江戸に流入する危険な抜け荷品の実態と、その流入経路を探る密命を受ける。棒手振りの義助は、魚河岸で仲間が死んだ背後に不審な犯罪の匂いを嗅ぎ、浅草奥山に小屋を張る唐人一座の花形・ホンファに魅了された春風は、怪しい廃寺へと導かれていく――。同様に事件を追う南町奉行の鳥居耀蔵と外記らの、新たな決戦が幕を明ける!

770円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

唐渡り花~闇御庭番(四)~のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP