紀伊ノ変 居眠り磐音(三十六)決定版 佐伯泰英

紀伊ノ変 居眠り磐音(三十六)決定版

著者
佐伯泰英
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2021年04月06日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紀伊ノ変 居眠り磐音(三十六)決定版のあらすじ

空也誕生の地・姥捨の郷を救え! 一面銀世界の紀州姥捨の郷で、磐音とおこんは生まれたばかりの嫡男・空也を抱き、束の間の安息を得た。 だが、郷に暮らす雑賀衆が、生活の糧として守り続けてきた丹(水銀)の鉱脈を狙って、田沼意次が動き出す。 田沼に従うか否か――紀伊藩内は、藩論を真っふたつにわけて対立する。 事態を憂う高野山奥之院副教導・室町光然に助力を乞われた磐音は、隠れ里を守るために立ち上がる!

799円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

紀伊ノ変 居眠り磐音(三十六)決定版のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP