P+D BOOKS 暗い流れ 和田芳恵

P+D BOOKS 暗い流れ

著者
和田芳恵
出版社
小学館
ジャンル
文芸 小説 文芸 その他
配信日
2021年03月11日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

P+D BOOKS 暗い流れのあらすじ

性の衝動と窮乏生活をあけすけに綴る傑作。  大正時代の北海道を舞台に、貧しい家庭に育った〈私〉が、少年から青年になるまでの紆余曲折を描いた自伝的小説。  幼いころからひそかに恋心を抱いていた「姉や」のシモがなぜか家を出ていき、やがて父の子を出産する。ショックでしばらく疎遠になっていたが、やはり気持ちが抑えられずに会いに行くと、シモは〈私〉を心身ともに受け入れてくれる――。 〈私〉と家族の性生活や厳しい暮らしを、赤裸々に、かつ独特の歯切れのいい筆致で綴る傑作長編。第9回日本文学大賞受賞作。

770円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

P+D BOOKS 暗い流れのユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

P+D BOOKS 暗い流れの最新書籍ニュース

現在ニュースの取得に時間がかかっております。しばらくしてから再度表示をご確認下さい

PAGE
TOP