デジタルエコノミーの罠 マシュー・ハインドマン/山形浩生

デジタルエコノミーの罠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタルエコノミーの罠のあらすじ

「関心の経済」が生み出す寡占、民主主義の破壊。 オンライン経済の幻想と現実を、徹底的に検証する。 デジタルエコノミーの本質は自由で平等な競争ではない。運が大きく左右し、勝者総取りが起こる非対称な世界であることを本書は実証する。経済理論とデータに裏付けられた、常識を覆すインターネット「不平等化」論。 ―安田洋祐(大阪大学准教授・経済学)

2,640円 26ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応 × 非対応

デジタルエコノミーの罠のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP