NHK 100分 de 名著 100分de災害を考える2021年3月 日本放送協会/NHK出版

NHK 100分 de 名著 100分de災害を考える2021年3月

ジャンル
趣味・実用 趣味・実用一般 雑誌
配信日
2021年02月22日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NHK 100分 de 名著 100分de災害を考える2021年3月のあらすじ

古今東西の名著をわかりやすく解説。番組では伝えきれない情報も満載です 書名や著者名は知っているけれど、内容はよくわからない……。そんな「気になっていた」名著の数々を、25分×4回の1か月100分でわかりやすく解説する番組のテキストです。一流の研究者や作家が講師を担当、読者に語りかける平易な文体と脚注や図版を駆使した丁寧なページ構成で、名著の魅力を伝えます。 ■ご注意ください■ ※NHKテキスト電子版では権利処理の都合上、一部コンテンツやコーナーを掲載していない場合があります。ご了承ください。 ■今月のテーマ 災禍に向き合い、乗り越えるために 大震災、台風、豪雨、そして感染症――。災害が相次ぐこの国で、私たちに求められている知恵とはなんだろうか。寺田寅彦『天災と日本人』、柳田国男『先祖の話』、セネカ『生の短さについて』、池田晶子『14歳からの哲学』の4冊から、自然・死者・時間・自分との「つながり」を考える。 ■講師:若松輔

471円 4ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応 × 非対応

NHK 100分 de 名著 100分de災害を考える2021年3月のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP