エラスムス=トマス・モア往復書簡 沓掛良彦/高田康成

エラスムス=トマス・モア往復書簡

ジャンル
文芸 文芸 その他 人文・社会科学 日本史
配信日
2021年02月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エラスムス=トマス・モア往復書簡のあらすじ

「ユマニストの王者」として君臨したエラスムス.ヘンリー八世の統治下で大逆罪に問われて刑死したトマス・モア.その固い友情が,のちに伝説化されるまでになった二人の往復書簡全五〇通に,一六世紀ヨーロッパにおける知識人たちの知的活動,政局,文化交流の様子を読む.宗教改革の舞台裏を赤裸に語る資料としても貴重.

1,188円 11ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

エラスムス=トマス・モア往復書簡のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP