鬼人幻燈抄 : 6 明治編 夏宵蜃気楼 著者:中西モトオ

鬼人幻燈抄 : 6 明治編 夏宵蜃気楼

ジャンル
文芸 ミステリ
配信日
2021年02月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鬼人幻燈抄 : 6 明治編 夏宵蜃気楼のあらすじ

明治十年(1877年)。甚夜は、思春期を迎えた娘の野茉莉との接し方に手を焼く日々をおくっていた。そんな中、すっかり鬼そばの常連客になった染吾郎が、百鬼夜行の噂話を仕入れてくる。夜毎、京の町を練り歩く数多の怪異――その中心にいたのは、五年前、甚夜と兼臣が対峙して苦戦を強いられた鎖を操る鬼女だった。いよいよ災厄の女、マガツメが動き出す。大人気和風ファンタジーシリーズの第六巻。

1,430円 14ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

鬼人幻燈抄 : 6 明治編 夏宵蜃気楼のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

鬼人幻燈抄 : 6 明治編 夏宵蜃気楼を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP