ギター・マガジン 2021年3月号 ギター・マガジン編集部

ギター・マガジン 2021年3月号

ジャンル
雑誌
配信日
2021年02月13日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ギター・マガジン 2021年3月号のあらすじ

*著作権の都合により、印刷版に掲載されている「Hey Hey」エリック・クラプトン、「リトル・マーサ」オールマン・ブラザーズ・バンド、「チャーチ・ストリート・ブルース」トニー・ライス、「三時の子守唄」細野晴臣、「籠時」センチメンタル・シティ・ロマンスの楽譜は電子版に収録されておりません。*この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 【特集】ギター・ヒーローが愛した アコースティックの世界。 “ギター・ヒーローの中で、誰のアコギが一番好き?” そう問われたら、みなさんはどんな人を挙げるだろうか。 キース・リチャーズ? J・マスキス? なんだかんだでエリック・クラプトン? 人それぞれで意見が分かれるところだろうが、 ともあれ、僕らギター好きにとってはなかなかに楽しい議題だ。 いつもはエレキで唸りを上げる憧れのヒーローが、 ひとたびアコギを持ったとたんに見せる、普段と違った表情。 裸の表現だからこそ如実に伝わる、プレイヤーとしての凄み。 そんな瞬間にグッと惹かれてしまう人は少なくないはず。 「アコギを格好良く弾けずして、ギター・ヒーローにあらず!」 そんなことを思わず豪語したくなるほどだ。 ステイ・ホームを余儀なくされる今だからこそ、 ここはひとつ、硬派なエレキ派もアコースティック・ギターと じっくり向き合ってみてはどうだろうか? というわけで今月のギター・マガジンは、 “ギター・ヒーローが愛した、アコースティックの世界”。 名手11人のアコースティック・サイドを掘り下げた特集だ。 意外と知らない彼らの新たな側面を発見し、取り入れ、 自身のギタリスト人生に彩りを加えてもらえれば幸いである。 ■巻頭アコギ対談! 仲井戸“CHABO”麗市×Char ■キース・リチャーズ ■ジョン・フルシアンテ ■ピート・タウンゼント ■ジョン・メイヤー ■ジェリー・ガルシア ■トレイ・アナスタシオ ■デュアン・オールマン ■J・マスシス ■スティーヴ・ハウ ■カート・コバーン ■コラム/彼岸のギター弾き 細野晴臣 寄稿:高田漣 ■『アンプラグド』以前のクラプトン・アコースティック ■ギタリスト15人が語る! 僕の私のアコギ名曲 ■FEATURED GUITARIST ・平井大 ■INTERVIEW ・エディ・グリーン(シェイム) ・モグワイ ・ジョン・ゴム ■INTERVIEW & GEAR ・おとぎ話 ・シノダ(ヒトリエ) ■PICKUP ・俺のボス/ケンゴマツモト(THE NOVEMBERS) ・スティーヴ・ハケットの最新作『紺碧の天空』 ■連載 ・トシ矢嶋のLONDON RHAPSODY ・40枚の偉大な◯◯◯名盤 第3回:戦前ブルース ・Opening Act/岩出拓十郎(本日休演) ・アンプがないとね、音は出んのだよ。/アキマツネオ(RAMA AMOEBA) ・ジャキーン!~『SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん』番外編 ・横山健の続・Sweet Little Blues ・9mm滝のまたやっちゃいました~世界の滝工房から ■NEW PRODUCTS REVIEW FENDER/PARALLEL UNIVERSE VOLUME II SPARK-O-MATIC JAZZMASTER YAMAHA/PACIFICA 612 V II FMX RUOKANGAS GUITARS/HELLCAT DELUXE BLAST CULT/HOLY 13 II RECORDING KING/RD-328 BLACKSTAR/ID:CORE V3 STEREO 10 ZOOM/G6 J.ROCKETT AUDIO DESIGNS/BROVERDRIVE JACKSON AUDIO/ASABI

840円 8ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

ギター・マガジン 2021年3月号のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP