倭国の都は火国・熊本 史書と遺跡が証明する [電子改訂版] 小山顕治

倭国の都は火国・熊本 史書と遺跡が証明する [電子改訂版]

著者
小山顕治
出版社
ボイジャー
ジャンル
人文・社会科学 日本史
配信日
2021年02月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

倭国の都は火国・熊本 史書と遺跡が証明する [電子改訂版]のあらすじ

日本古代史を大きく変える書の誕生です! 史書・遺跡を検討し、イザナギ・イザナミの時代から38代天智天皇が667年大津宮に遷都するまでの期間、倭国の都は現在の熊本界隈にあったことを論証した。この間の代々の都の所在地まで遺跡により推定した。 また、邪馬台国は垂仁天皇と景行天皇の時代の魏志によるものなので、卑弥呼は倭姫命であり、熊本県宇土市に神殿跡もあることを論証している。日本古代史を大きく変える書である。 【著者】 小山顕治 1948年、熊本県天草生まれ。済々黌高校、立正大学文学部史学科卒業。水俣病不知火患者会・サポーター

2,420円 24ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

倭国の都は火国・熊本 史書と遺跡が証明する [電子改訂版]のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP