虎が雨 立場茶屋おりき 今井絵美子

虎が雨 立場茶屋おりき

ジャンル
文芸 小説 歴史・時代
配信日
2021年02月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

虎が雨 立場茶屋おりきのあらすじ

四月八日の灌仏会。品川宿にある立場茶屋おりきでは、子どもたちが賑やかに書を認めていていた。そんな折、「榛名のご亭主が息を引き取った」という知らせが、女将のおりきに届いた。おりきは参勤交代の津山藩を迎えると、素庵の診療所へと急いだ。“仲間は死んだ後も我が仲間”と考えるおりきは、墓の手配まで自らが動くのだった……。立場茶屋おりきは、沢山の涙を堪えつつ、明日への希望を照らしつづける――。大好評シリーズ第十一弾。

733円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

虎が雨 立場茶屋おりきのユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP