U-2秘史 浜田一穂

U-2秘史

著者
浜田一穂
出版社
Panda Publishing
ジャンル
趣味・実用 趣味・実用 その他
配信日
2021年02月04日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

U-2秘史のあらすじ

■AREA51(ドリームランド)から生まれた最高機密「U-2プロジェクト」と、  冷戦の狂気に翻弄された男たちの物語 AREA51で生み出された「U-2プロジェクト」を追ったノンフィクション。 この非常に特殊な戦略機がどのような背景から開発され、どのような政府やCIAで揉め事を引き起こしながらソ連領空で撃墜されることになったかを、21世紀になって解禁された情報とも照らし合わせながら紹介していく。 U-2という飛行機そのものというより、最高機密であった偵察プロジェクトやそれに関わった人間、アメリカ政府に焦点を当てており、「軍事面から見た1950~60年代アメリカ史」でもある。 ・なぜ戦争のリスクを犯して、ソ連領空へとU-2を飛ばしたのか? ・なぜロッキードが開発することになったのか? ・「試作機“ダーティ・バード”」「U-2B」の真相とは? ・藤沢飛行場への不時着事件の真相とは? 当時の新聞や専門誌がどう伝えたか、CIAがどのようなディスインフォーメイション(欺瞞情報)を流したか。 ・なぜアメリカはソ連の罠にはまったのか? 【著者略歴】 浜田一穂(はまだ・かずほ) 1950年東京生まれ。中央大学文学部哲学科卒。生来の飛行機好きが嵩じて商売にしてしまった。この歳になって思うのは、結局積み重ねがものを言う。新しい知識を吸収できる柔軟性を失ったらお終い。日々研鑽である。 著書に『未完の計画機』『未完の計画機2』(イカロス出版)など多数。

2,395円 23ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

U-2秘史のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP