終わりの歌が聴こえる 本城雅人

終わりの歌が聴こえる

著者
本城雅人
出版社
幻冬舎
ジャンル
文芸 小説
配信日
2021年02月09日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

終わりの歌が聴こえるのあらすじ

彼らに残っていたのは、もはや後悔だけだった。 19年前に世間を騒がせた、 ある天才ギタリストの「伝説の死」。 その美しい旋律に掻き消された慟哭の真相とは――? コカイン所持で逮捕された男の暴露によって、 19 年前の事故を、殺人事件として再捜査することになった。 当時人気絶頂のさなか、ホテルの部屋で 死体となって発見されたギタリスト・鈴村竜之介。 時を経て、その被疑者に浮上したのは、 鈴村と同じバンドの元メンバーで、 今はソロとしてブレイクしている木宮保だった。 事故死か、殺人か、それとも――? 当時の関係者を回り、執念の捜査を進める二人の刑事たち。 音、絆、女、薬……あの日、あの部屋で、何があったのか。 やがて狂騒の真実が白日の下にさらされる! 濃密な人間ドラマと哀切を極める結末。 ミステリー小説の白眉! 小説を書いて12年、 描きたかった物語がやっと完成しました。 これなら読者は楽しんでくれる、 そう確信した私の自信作です。――本城雅人

1,881円 18ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

終わりの歌が聴こえるのユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP