生まれてこないほうが良かったのか? ――生命の哲学へ! 森岡正博

生まれてこないほうが良かったのか? ――生命の哲学へ!

著者
森岡正博
出版社
筑摩書房
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生まれてこないほうが良かったのか? ――生命の哲学へ!のあらすじ

「生まれてこないほうがよかった」という思想は、人類2500年の歴史をもつ。本書では、古代ギリシアの文学、古代インドの宗教哲学、ブッダの原始仏教、ゲーテやショーペンハウアー、ニーチェなど近代の文学と哲学、そして「誕生害悪論」を説くベネターら現代の分析哲学を取り上げ、徹底的に考察。人間がこの世に生まれてくることは誤りであり、生まれてこないようにしたほうがよいとする反出生主義を世界思想史の中に位置づけ、その超克の道を探っていく。反出生主義の全体像が分かる本邦初の書である。

1,705円 17ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

生まれてこないほうが良かったのか? ――生命の哲学へ!のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

生まれてこないほうが良かったのか? ――生命の哲学へ!を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP