「重層的非決定」吉本隆明の最終マナー 鷲田小彌太

「重層的非決定」吉本隆明の最終マナー

著者
鷲田小彌太
出版社
言視舎
ジャンル
人文・社会科学 人文・社会科学 その他
配信日
2021年01月29日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「重層的非決定」吉本隆明の最終マナーのあらすじ

時代の転換・画期に、吉本はいかにして旧態然とした定型思考を乗り越えてきたのか。戦後思想のあり方、資本主義の「現在」や「反核」「反原発」をめぐる議論、古典論、宗教思想を中心に完全解説。 「非常時」の思考がお好きな方に申し上げる!

2,200円 22ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

「重層的非決定」吉本隆明の最終マナーのユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP