猫は、うれしかったことしか覚えていない 石黒由紀子

猫は、うれしかったことしか覚えていない

著者
石黒由紀子
出版社
幻冬舎
ジャンル
暮らし・生活 ペット
配信日
2021年02月04日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫は、うれしかったことしか覚えていないのあらすじ

梅干しの種を飲み込んで、開腹手術を受けた猫のコウハイ。苦しかっただろうに、獣医師によると、「また、誤飲しますよ」。猫には楽しい記憶だけが残るので、種を転がしておもしろかったな、とは覚えているけど、苦しかったことは忘れてしまうそう。うれしかったことだけ積み上げて生きていく。そんな猫たちの、可愛くて笑えて、沁みるはなし。

617円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

猫は、うれしかったことしか覚えていないのユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

猫は、うれしかったことしか覚えていないを見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP