梶田叡一自己意識論集4 生き方の心理学 梶田叡一

梶田叡一自己意識論集4 生き方の心理学

著者
梶田叡一
出版社
東京書籍
ジャンル
文芸 小説 人文・社会科学 人文・社会科学 その他
配信日
2021年01月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

梶田叡一自己意識論集4 生き方の心理学のあらすじ

教育心理学、現代の泰斗による集大成の第4巻。 この巻では、思春期の頃から現在まで、著者自身が、自分の内面で、自分自身と対話してきたところを主要な素材としている。言うならば、著者自身が折にふれて考えざるをえなかったこと、そして自分自身に言い聞かせなくてはならなかったこと、に他ならない。そのような「自我関与性の強い」強い内容について、どのように他の研究者達は考えているのか、いくつかの調査研究によって検討もしてみている。

2,640円 26ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

梶田叡一自己意識論集4 生き方の心理学のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP