ジャン・クリストフ 第四巻 反抗 ロマン・ロラン

ジャン・クリストフ 第四巻 反抗

ジャンル
文芸 文芸 その他
配信日
2021年01月22日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャン・クリストフ 第四巻 反抗のあらすじ

ロマン・ロラン代表作にしてノーベル文学賞作品。ドイツ、ライン川のほとりの村に生まれ、極貧にあえぎながらも作曲家として成長、大成していくジャン・クリストフの波瀾の生涯。第四巻反抗。既存の音楽に欺瞞を感じたクリストフは巨匠たちの作品を批判する。しかし大衆にはそのことが受けいられないでいた。やがて孤立していくクリストフ。そして大公爵からも見放され誰も味方はいなくなってしまった。唯一の拠り所であった大音楽家ハスレルに逢いに行くが理解されないままだった。失意のうちにベルリンの離れようとしたとき親切なシュルツ老人を思い出す。

110円 1ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

ジャン・クリストフ 第四巻 反抗のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP