シティ・ソウル ディスクガイド シティ・ポップと楽しむ ソウル、AOR & ブルー・アイド・ソウル 小渕晃

シティ・ソウル ディスクガイド シティ・ポップと楽しむ ソウル、AOR & ブルー・アイド・ソウル

著者
小渕晃
出版社
DU BOOKS
ジャンル
芸術
配信日
2021年01月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シティ・ソウル ディスクガイド シティ・ポップと楽しむ ソウル、AOR & ブルー・アイド・ソウルのあらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 マーヴィン・ゲイやネッド・ドヒニー、ライ、サンダーキャットだけじゃない! 和洋ともに音楽を味わいつくした書き手たちが、「いま」聴くべき、良盤・良曲を600枚! 「全世界的なシティ・ポップ・ブーム」「80sリヴァイヴァル~ブギー・ブーム」 いまの音楽における二大潮流を踏まえた、1970~2010年代の洋楽 ソウル、AOR&ブルー・アイド・ソウルのディスクガイド。 音色とBPMに注目し、ヒップホップの素になったクールでモダンなソウルを。 洗練されたグルーヴを持つAOR、16ビートの心地よいブルー・アイド・ソウルを。 名曲の再発見とともに、新譜と合わせて、いま、洋楽をとことん楽しむための1冊。 ※シティ・ソウルとは? 音楽制作者の深い音楽知識、リスニング体験のもとに制作される、 ソウルとジャズ、ロックなどのクロスオーヴァーにより生まれるポップ・ミュージック。 70年代の古典から、現在の音楽シーンの主流となったハイブリッドなソウル/ポップスまで。 本書では、ヒップホップ以降の「耳」にフィットするある種のグルーヴを備えた楽曲を紹介します。 <インタヴュー> 冨田 恵一(冨田ラボ) ――マエストロに聞く、シティ・ソウルの成り立ちと鑑賞法 クニモンド瀧口(流線形) ――シティ・ポップ人気の立役者が、リスナー遍歴と音楽制作を語る DJ JIN(RHYMESTER / breakthrough) ――ブギーとクロスオーヴァー。いまの最重要ムーヴメントを解き明かす G.RINA ――人気再燃する80年代のソウル/ R&Bの魅力とその秘密とは? <レヴュー執筆陣> 小渕 晃(元bmr編集長) 梶本 聡(ベイビー・レコーズ) 駒木野 稔(diskunion / Kissing Fish Records) 関 美彦(SUNDAY GIRLS) 高木 壮太(CAT BOYS / 井の頭レンジャーズ etc.) 高橋 一(思い出野郎Aチーム) 林 剛(R&Bジャーナリスト) 福田 直木(BLUE PEPPERS) <おもな内容> 1、1970~1974 ニュー・ソウルの時代:「洗練」「内省」「深化」 2、1975~1979 ディスコ、クワイエットストームとAOR 3、1980~1983 ダンス・ミュージック~ブギーの最初の黄金時代 4、1984~1987 打ち込みサウンドの発展 5、1988~1994 レアグルーヴ~サンプリング時代のシティ・ソウル 6、1995~2008 ネオ・ソウルと、クロスオーヴァーするポップス 7、2009~2018 ソウル+ポップス:00~10年代音楽のメインストリームへ

2,200円 22ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

シティ・ソウル ディスクガイド シティ・ポップと楽しむ ソウル、AOR & ブルー・アイド・ソウルのユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP