梶田叡一自己意識論集3 意識としての自己 梶田叡一

梶田叡一自己意識論集3 意識としての自己

著者
梶田叡一
出版社
東京書籍
ジャンル
文芸 小説 人文・社会科学 人文・社会科学 その他
配信日
2020年11月24日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

梶田叡一自己意識論集3 意識としての自己のあらすじ

日本の教育学の泰斗として知られる著者が、学生時代から一貫して取り組んできた「自己意識論」を集大成としてまとめた論集の第3巻。 自己意識の問題は、アイデンティティ、自己概念、自己イメージ、自尊感情などの形で論じられ、現代の心理学・社会学・教育学などにおいて、最も重要な課題の一つとされてきた。 本書では、アイデンティティの確立について、三つの段階を提示している。 第一段階は、家族や友人を通しての原初的な存在の確認。 第二段階は、職業やジェンダーなど社会的ラベリングによる位置づけ。 「世間」が重い意味を持つ日本のアイデンティティ論は、従来、この第二段階で終わりがちであった。 しかし、もうひとつ、第三段階を考えなくてはならないと著者は主張する。 志向する自己像を投影した、他者への宣言としてのアイデンティティである。 さらには、晩年の良寛のような「私なんて何者であってもええやないか」という超アイデンティティの境地にも思いをめぐらす。 個々人の意識世界のあり方について、「自分自身を生きていく」ためのものにしていこうとする様相を、さまざまな角度から論じている。また、アイデンティティを論じる上で欠くことのできない、宗教および宗教教育についても、日本文化の特性と自己意識の観点から深く論じていく。

2,640円 26ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

梶田叡一自己意識論集3 意識としての自己のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP