凪の残響 警視庁殺人分析班 麻見和史

凪の残響 警視庁殺人分析班

ジャンル
文芸 ミステリ
配信日
2020年11月13日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凪の残響 警視庁殺人分析班のあらすじ

切断された二本の指がクランベリーソーダに沈められていた。 如月塔子は被害者救出に奔走するも、嘲笑うかのように犯人は遺体の在り処を告げる。 だが、なぜか遺体からは親指だけが見つからず、代わりに警察に対する異様な音声メッセージが残されていた。 犯人の恐ろしい狙いとは。 息もつかせぬノンストップミステリ!

858円 8ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

凪の残響 警視庁殺人分析班のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

凪の残響 警視庁殺人分析班を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP