湯島天神坂 お宿如月庵へようこそ 十日夜の巻 中島久枝/山本祥子

湯島天神坂 お宿如月庵へようこそ 十日夜の巻

ジャンル
文芸 小説 歴史・時代
配信日
2020年11月06日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

湯島天神坂 お宿如月庵へようこそ 十日夜の巻のあらすじ

如月庵は上野広小路から湯島天神に至る坂の途中にあり、知る人ぞ知る小さな宿だが、もてなしは最高。気働きのある部屋係がいて、板前の料理に舌鼓を打って風呂に入れば、旅の疲れも浮世の憂さもきれいに消えてしまうと噂だ。 板前・杉治は、ある日、荷車にひかれそうになった薬種屋の娘を助けた。 名乗らず去ったが、薬種屋が助けた者を探しているらしい。 「自分の身元」が割れたのではないかとおびえる杉治だが――

748円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

湯島天神坂 お宿如月庵へようこそ 十日夜の巻のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP