いつの空にも星が出ていた 佐藤 多佳子

いつの空にも星が出ていた

ジャンル
文芸 小説
配信日
2021年01月29日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの空にも星が出ていたのあらすじ

好きなチームといる喜び。 光輝くスタジアムの幸せ。 本屋大賞受賞作『一瞬の風になれ』の著者が描く どこまでも熱くて、かぎりなく純粋な、人生と応援の物語! 「愛すべきチームと愛すべき自分の人生。僕がいつも思っていることがこの本に一杯に溢れていました」 クレイジーケンバンド/小野瀬雅生 物静かな高校の先生。 予備校に通う女子高生。 家業の電気店を継いだ若者。 少年野球のピッチャー、洋食店のシェフーー 一見なんのつながりもない人たちを結んでいる、 強くてまっすぐな気持ち! 「何かのために見るんじゃない。見たいから見るんだ」 なにかを心から「好き」でいる、 すべての人へ贈る爽快な感

1,672円 16ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

いつの空にも星が出ていたのユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP