銀齢探偵社 静おばあちゃんと要介護探偵2 中山七里

銀齢探偵社 静おばあちゃんと要介護探偵2

著者
中山七里
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 ミステリ
配信日
2020年10月12日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

銀齢探偵社 静おばあちゃんと要介護探偵2のあらすじ

元裁判官で80歳を超えた今も信望が厚い高円寺静と、中部経済界の重鎮にして車椅子の“暴走老人”香月玄太郎の老老コンビが難事件を解決する、人気シリーズ第2弾。 今回は舞台を東京に移し、玄太郎ががんを患った状況下で5つの事件に挑む。(静は『テミスの剣』と『静おばあちゃんにおまかせ』に、玄太郎は『さよならドビュッシー』(宝島社)に登場する中山七里ファンにはおなじみのキャラクター。) 健康診断のため病院を訪れた静は、がんが発覚し治療を受けに来ていた玄太郎と再会する。しかし玄太郎の主治医に医療過誤、あるいは故意に患者を死なせた疑いが。静と玄太郎は、遺族と面会して真相を探る(「もの言えぬ証人」)。 構造計算書偽造の疑いをかけられ、国会の証人喚問を予定されていた建築士が歩道橋から転落死した。その建築士は、施工主から偽造を指示されたと証言していた(「像は忘れない」)。 元警察官の高齢男性が、車を暴走させてコンビニに突っ込み、本人が死亡した。よくある高齢者の運転ミスとみられたが、男の息子が特殊詐欺の受け子として服役していたことから、玄太郎と静は調べを始める(「鉄の棺」)。 ほかに、「葬儀を終えて」「復讐の女神」の全5編収録。 (タイトルはすべてアガサ・クリスティー作品へのオマージュ)

1,400円 14ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

銀齢探偵社 静おばあちゃんと要介護探偵2のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP