漣のゆくえ とむらい屋颯太 梶 よう子

漣のゆくえ とむらい屋颯太

著者
梶 よう子
出版社
徳間書店
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2020年10月09日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

漣のゆくえ とむらい屋颯太のあらすじ

江戸の新鳥越町二丁目に「とむらい屋」。 ここは葬儀の段取りをする颯太、死に化粧を施すおちえ、 棺桶づくり職人の勝蔵、雑用の寛次郎、そして渡りの坊主の道俊が働き、 日々心中、貧困、自死などさまざまな「死」に対応している。 見ず知らずの男の弔いをお願いしに来たおきよ。 今朝「お前さんの父親だ」と亡骸を置いていかれたばかりだという。(「穢れ」より) 避けようのない想いを和らげ、死を通して今を見つめる、とむらい屋の物語。

1,683円 16ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

漣のゆくえ とむらい屋颯太のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP