警視庁公安部第二資料係天野傑 今宮新

警視庁公安部第二資料係天野傑

著者
今宮新
出版社
徳間書店
ジャンル
文芸 小説
配信日
2020年10月09日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

警視庁公安部第二資料係天野傑のあらすじ

刻が止まって見える、超絶新ヒーロー誕生! 知られざる公安資料課の活躍譚。 モノが止まって見える超人的な動体視力を持ち、武に秀でた天野傑が所属する公安資料課。 現場に立つことはなく、捜査資料の保存や捜査の補完的な役割をこなす地味な部署だ。 ある日、新宿で遺体が発見される。天野は違和感を覚え、無断で単独捜査を開始。 中国マフィアの李のもとへ乗り込むが、李は天野の動体視力を圧倒するほどの武の才能を誇っていた。 天野の忙しない暴力的な一週間が始まる。 アクション満載の新警察小説誕生!

759円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

警視庁公安部第二資料係天野傑のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP