「失敗のマネジメント」がイノベーションを生む 著:牧 兼充

「失敗のマネジメント」がイノベーションを生む

ジャンル
ビジネス・経済 経営
配信日
2020年10月14日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「失敗のマネジメント」がイノベーションを生むのあらすじ

時代の変化が激しくなり、企業のトップマネジメントはこれまで以上に、中長期の戦略を立てることが難しくなった。イノベーションを起こそうと中長期目標を立てたとしても、現場でそれをどのように短期目標に落とし込んでいけばよいのか、混乱が生じることが少なくない。この問題は、イノベーションの本質を理解していないことにある。本書では、イノベーション創出のプロフェッショナルであるサイエンティストの研究を通じて、彼らの思考法を解き明かし、失敗のマネジメントとインセンティブのあり方から、企業経営において欠かせない点を明らかにする。 *『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2020年3月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

550円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

「失敗のマネジメント」がイノベーションを生むのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

「失敗のマネジメント」がイノベーションを生むを見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP