婿殿開眼八 奔走虚し 牧 秀彦

婿殿開眼八 奔走虚し

著者
牧 秀彦
出版社
徳間書店
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2020年10月09日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

婿殿開眼八 奔走虚しのあらすじ

怒りの真剣が唸る! 敵は凄腕の忍び集団 そして、極悪非道の剣客・三村右近 笠井半蔵は、南町奉行から影御用を依頼される。 奉行の後釜を狙う者から警固してほしいのだという。 かつては敬愛していた奉行だったが、 自分を裏切る行為をしていたことを知り距離を取っていた。 半蔵は逡巡するが、ある条件と引き換えに依頼を引き受ける。 一方、虎視眈々と奉行の座を狙う目付・鳥居耀蔵は腕利きの忍びくずれの一団を雇い、 手練れの三村右近とともに半蔵に立ち向かわせる――! 好評の時代剣戟シリーズ第八弾。

737円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

婿殿開眼八 奔走虚しのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP