お酒の経済学 日本酒のグローバル化からサワーの躍進まで 都留康 著

お酒の経済学 日本酒のグローバル化からサワーの躍進まで

ジャンル
ビジネス・経済 経営 産業
配信日
2020年10月09日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お酒の経済学 日本酒のグローバル化からサワーの躍進までのあらすじ

日本のお酒をめぐる環境が激変している。日本酒からビール、焼酎と主役が交代しつつ消費は伸びてきたが、1990年代半ばにピークを迎えた。その後はデフレ下で「第3のビール」やサワーが躍進する一方、クラフトビールや純米大吟醸酒も人気を集める。さらに、日本酒やウイスキーは海外から高く評価され、輸出が急増している。日本のお酒が抱える課題と可能性とは。経済学と経営学の最新の研究成果から解き明かす。

902円 9ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

お酒の経済学 日本酒のグローバル化からサワーの躍進までのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP